オリーブ農園のビスコッチョ

Food Culture 食文化

ビスコッチョは、スペイン語でスポンジケーキのこと。

今日はオリーブオイル農園のファミリーレシピをご紹介します。
アンダルシアにあるモンタベス家とは、もう10年以上のお付き合いになりますが、いつ訪問してもオリーブと共に育まれた豊かさと質の良い人柄に感動します。特に高齢者の人々の頭の良さには驚いているのですが、今年はお母さんのお姉さんアデラさんにも会うチャンスに恵まれました。お母さんのアラセリについては、以前ブログに書いているので、よかったら下のリンク記事をご覧ください。
こちらがアデラ叔母さん。彼女と私は中世の建造物が大好きで、趣味がぴったりと合ってしまったので、年齢の差を感じることなく色々な話が楽しめました。日本訪問の経験もある彼女は、スペインの古典的な女性の良さを全て備えている人でした。今年はコロナ禍から避難してアンダルシアの農園に姉妹で長期滞在しており、子供の頃のことを沢山思い出したと話してくれました。昔唄った歌まで思い出したそうで、そんな歌まで唄って聞かせてくれました。
最初は私の建造物に対する知識は質問攻めでテストされましたが、しっかり合格出来たようで、次の日はご自分の保管している1960年代の文化財を撮影したスライドを譲ってくれるとまでおっしゃり、とても感激の一日でした。昔の写真やスライドは貴重な資料なので、今後農園の中でしっかり保存してくれると思います。
彼女が手に持っているグリーンのビニール袋には、古くなったパンが入っていて、農園滞在中の日課で犬にパンを与えにいくのが楽しくて仕方ないと言っていました。今日ご紹介するビスコッチョは、そんな素敵な女性から伝授されたレシピです。
モンタベス家に昔からあるレシピだそうで、こんなレトロな缶に保存されていました。私が特にオリーブオイルを使ったスポンジケーキのレシピを色々試しているという話になり、急きょキッチンから持って来てもらいました。
オリーブオイルでお菓子を作ると本当にしっとりとしているのに、軽くて美味しいものが出来ます。ご覧のように缶の中でアルミホイルで保存していても固くならずにしばらく保存可能です。ヘルシーなだけでなく、優れた特色が色々あるのがオリーブオイルの特徴です。
ホームメイドのスポンジケーキと共に、オレンジジュース、パンコントマテを最高級のオリーブオイルと共に朝から堪能しました。
アデラの魔法のスポンジケーキレシピ
 
材料:
150g  薄力粉
150g  キビ砂糖または黒砂糖 (オリジナルレシピでは普通の砂糖)
10g   ベーキングパウダー
4個     卵
125ml  エクストラヴァージンオリーブオイル (アーリーハーベストドミヌスがおすすめ)
型に塗るバター
1個分    レモンゼスト
一つまみ  フロールデサル (オリジナルレシピは普通の塩)
作り方
1.レモンゼストを準備する。
2.卵黄と卵白を分ける。卵白は塩と共にボールに入れ、しっかりとメレンゲにする。メレンゲが出来上がったら、少しづつ砂糖を足しながら混ぜ続ける。砂糖の次は溶いた卵黄を少しづつ加え、最後にレモンゼストも加える。
3.型にバターを塗り、薄力粉も振っておく。
4.2のボールに振るいにかけた薄力粉を少しづつ混ぜながら加える。ゆっくりと混ぜる。
5.オーブンは170℃に加熱しておく。
6.4を型に流し込み、オーブンで45~50分。焼きあがったら冷まして型から出し、網の上でしっかりと冷まして完成。
※好みで型に流し込んだ時に少し砂糖を振る。
メレンゲはこのくらいまで固く混ぜる。
型はこのタイプでも、朝食写真のように長方形でもOK。
本当にしっとりとした優しい美味しさのスポンジケーキです。焼いてから4,5日全く固くならずに美味しく食べられました。焼いた日よりも次の日のほうが味わいがずっと良くなります。1種間は問題なく保存できると思います。いくつかこのブログでもスポンジケーキ紹介していますが、有名なパティシエのレシピより、私はこのレシピが簡単で特に気に入ってます。どうぞお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました