オリーブオイル療法とルイス・デ・アルメイダ

History 歴史
西洋医術発祥記念像 大分県大分市@wikipedia
1552年に日本に来訪した時は商人として来日。山口でザビエルの意思を継ぐイエズス会神父コスメ・デ・トーレスと出会い、イエズス会の教えに目覚めたと言われます。2度目の来日が1555年。中国からのシルクビジネスで裕福だった彼は、孤児院を作るようなチャリティも行っています。そして、1556年大名大友宗麟の許可を得て、1557年に大分に西洋医学を施す日本初の病院を設立。病院の建造費はアルメイダの財産が投入されました。病院は患者100名ほどを収容できる規模で、当初アルメイダは外科医、内科医は日本人キリシタンで日本や中国の漢方を用いた内科治療を実施していたそうです。1560年日本でイエズス会が薬剤治療をする事が許されなくなり病院から退きますが、既に大きな名声を得ていたそうです。
 
私が驚いたのはアルメイダが食事療法も治療に用いていたという事実で、オリーブオイルもその治療の中に入っていたことです。アルメイダの治療法は信仰と深く関わっていたという部分も、カトリックのポルトガルやスペイン人の今でも残る習慣そのものです。Santa casa de Misericordia【憐みの聖なる家】というキリスト教徒が助けあるための互助組織も発足していたそうです。
もっと調べてみないと分からないのですが、アルメイダは元々ユダヤ人でコンベルソと呼ばれるユダヤ教からキリスト教に改宗したファミリーの出身です。ちょうど私がオリーブの仕入れに行く農園の近くに、アルメイダという町があるのですが、スペインとの国境にある町で、もしかしたらユダヤ人弾圧のあった15世紀に、スペインからアルメイダの町にこの一族は逃げたのではないかと想像しています。当時からユダヤ人は医師として優秀だったため、スペイン王家の医師団は全てユダヤ人でした。リスボンで医師としての資格を得たアルメイダの医療は、日本できっと驚くべきものだったでしょう。
アルメイダについて日本語の文献とスペイン語や英語の文献内容が少し違うのですが、病院から退いた後も各地で治療や宣教に携わりながら、商人としてビジネスも続け、利益は惜しみなく病院のため、また資金不足だった教会に寄付をしていたそうです。
 
1580年マカオで司祭に叙階され、再び日本に戻り宣教活動・医療活動を続けますが、3年後の1583年天草の河内浦で他界したそうです。天草には彼の銅像があるそうです。冒険商人から無償の医師となり、孤児の保護までも遠い日本で行っていたというこの人物の事は、知れば知るほどいつかゆかりの地を巡ってみたくさせられます。
 
彼が建造した病院は、1587年に薩摩兵によって破壊されてしまいましたが、1969年にアルメイダ病院として復活。ポルトガルの偉大な人物の形跡が数百年経ってまたこのように再建されたことは、ポルトガルやスペインに長く住む私にとっては非常に特別な事ですが、日本で最初にオリーブオイルを治療に登用した人物でもあるので、より親密感を感じ彼の偉業に感銘を受けます。オリーブオイルに対しての思い入れはこれからも強まる一方です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました